2×4

TWO×FOUR

2×4「枠組壁工法」

モノコック構造


2×4住宅は6面体を1つとするモノコック構造です。この構造が地震などの外力を6面全体で受け止めそれぞれの接合部から力を分散させることで耐震性を発揮します。
また、すき間ができにくく熱伝導率の低い木材をふんだんに使用しているので高い断熱・気密性を誇ります。

ベタ基礎・基礎パッキン


床下全体に鉄筋を組み、コンクリートを打ち建物をしっかりささえ基礎パッキンの採用で断面欠損のない高耐震な基礎を実現。


モノコック構造で高い耐震性 隙間ができにくく高断熱・高気密 工期が短くでき仮住まいの期間を短縮

cCOPYRIGHT SUMIKO.co.ltd, ALL RIGHTS RESERVED.